オーストラリアワーキングホリデー③仕事編

海外に住むには、そこで暮らしていく「資金」を稼ぐことが必須となってきますよね。もちろん、働かなくてもよいぐらいの貯金があれば話しは別ですが、過半数の人が「働かないと生きていけない」状態だとおもいます。ご多聞にもれず私もそのMajorityの一人です(笑)

仕事と一言で言ってもたくさんの仕事があり、皆様それぞれいろんなスキルを持っているので、ここは私の経験を書かせてください。

まずオーストラリアワーキングホリデー①基礎編で書いたように私の目標は初めにセカンドワーキングホリデーVISAを取得する権利を得るために季節労働に従事することでした。

ファーム

まず、私が初めに行ったのは場所を決めること。
いろいろな決め方があると思いますが、私はつてを頼ってVictoria州の北にあるMilduraというところに行きました。まずはバックパッカーを予約して、そのオーナーから仕事を紹介してもらうやり方です。バックパッカーは27歳にして初めて泊まったのですがお世辞にもキレイとは言えず…ただセカンドワーキングホリデーVISAを取りに来たんだ!と自分に言い聞かせ、仕事を開始しました。

なんと、夏を目指してきたにも関わらず、その時期はMilduraで有名なワインのブドウ畑の仕事がまだなく、大変なVeggie Pickingをすることに。しかも毎朝6時スタートで8時間、週7日という過酷さ。正直、何度も日本にいる家族やメルボルンにいる友人に電話をし泣きました(笑)それぐらい私には厳しい仕事だったのですが、後からたくさんのワーホリの方々に会う機会があったのですが、結構たくさんの人が「ファームが楽しかった!だから6か月もいた!」とおっしゃっていたので、私が弱いだけですね!
ここでのお給料は時給で、歩合制ではなかったです。私にとっては時給の方がよかったですね。一緒に働く人はイギリス人や、ネパール人、ドイツ人、フランス人とさまざまで、ファームのオーナーはオーストラリアの方でした。仕事の同僚はいい人が多く、いまだにFacebookでやりとりをしているぐらいです。

WWOOF

World Wide Opportunities on Organic Farms(またはWilling Workers On Organic Farm)のことで、簡単にいうと無料で働くかわりに、住むところと食べ物(3食)を提供してもらうシステムです。

2016年2月現在ではWWOOFを通してセカンドワーキングホリデーVISAを取得することはできませんが、いろいろな場所をめぐるにはとても良い機会だと思いますし、たくさんの経験ができます。私もWWOOFにも実は参加しました。

ファームをどうしても続けることができなかった弱虫の私。3週間で上記のFarmをやめて、クリスマスと年末年始をメルボルン市内で過ごし、2009年1月中旬より、Victoria州のMarysvilleという小さな村でWWOOF生活を始めました。毎日がとても楽しく、都会生活では経験できないオーストラリアの田舎生活を満喫できました。

 

メルボルンでの仕事

セカンドワーキングホリデーVISAの申請権利を取得した後、メルボルンに住んでいました。仕事は3種類していました。

①日本語教員(時期によるが週3,4レッスン)
日本語教員の資格を持っていたので、日本語のクラシファイドで見つけた求人に履歴書を送り(英文・和文とも)ました。面接は英語にて、また日本語教員の面接は模擬レッスンも行います。
無事、合格し市内にある日本語学校で中級クラス、JLPT N2対策、上級クラス、VCE(日本でいうセンター試験対策)を教えていました。
Lexis Japan WH 10
(私が日本語講師をしていた日本語学校)

②日本語学校で事務員(週4日 1日4時間)
日本語教師としての面接でしたが、私が語学学校でのマネージャー経験があることを履歴書に記入していたので、Administratorとしても運よく雇ってもらうことになりました。ここでの仕事は、生徒様の管理や、新規のお客様への学校案内、電話対応などでした。電話での英語が苦手だったのですが、何とか勉強しながらきちんとした英語を話せるようにがんばりました。

③「ジャパレス」でのウェイトレス(週3~5日 1日6時間程度)
もともと接客業が大好きな私には一番性に合った仕事でした。ジャパレスといえども来るお客様は99%がローカルの方で、1日1組日本人が来るか来ないかでしたので、お客様と話すことはとてもよい刺激になりました。また、日本で外国人とずっと働いていたのに、働く分野が違うと英語力が足りないことに驚きました!ナイフとフォークなどを総称してCutleriesということも知りませんでした。
お客様と話していく上で、オーストラリアで生活していく上での語彙力や、社交術を養っていけたと思います。

最低賃金(時間給)に関しては職種や州によってもことなります。また、毎年7月1日に最低賃金の見直しがあり変更される場合もあります。最低賃金に関してはFair Work Ombudsmanで各自ご確認ください。

“旧居留地で留学”。海外留学の環境で英語を学び、留学生とキャンパス内で国際交流できるキャンパスです。詳しくは、http://www.lexisenglish.co.jp またはinfo@lexisjapan.comまでお気軽にお問い合わせください。

 

This entry was posted in 日本語 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s