Michael’s teaching approach at Lexis Japan

今日はいつものBlogとはちがい、Lexis Japanの英語講師マイケル先生がBlogを書きました。英語を話すうえで役に立つヒントもあるので是非お読みくださいね!
Today, our English teacher Michael wrote this blog to give you some “Tips” about speaking English!

Hello everyone! My name is Michael Johnston. I am a New Zealander working at Lexis Japan as an English Instructor. I am CELTA-qualified, and I hold a degree in English Literature and Linguistics.
こんにちは!みなさん!私の名前はマイケル ジョンストンです。ニュージーランド出身でLexis Japanで英語講師をしています。CELTAの資格を持ち、文学と言語学の学位も保持しています。

You could say I know a lot about English usage. All of my students find my lessons fascinating. I love to share the world of English, as it is used by native speakers! Did you know that you can agree to anything by saying “Same here!”? It doesn’t matter if you are responding to a positive or a negative statement.
英語に関する知識をたくさん持っていますし、私の生徒はみんな私のレッスンがとても面白いといいます。私はネイティブスピーカーが使う教科書英語でない英語もレッスンの中でシェアすることが大好きです。例えば、”Same here!”っていうだけで、肯定文・否定文どちらの文章でも話し手に同意することができるって知っていましたか?

“My friend quite likes cream cheese.” 「僕の友達はクリームチーズが大好きなんだ!」
Same here!” 「僕も(好き)!」
But he’s not too fond of blue cheese.” 「でも彼はブルーチーズは大嫌いなんだ!」
Same here! “ 「僕も(嫌い)!」
It’s that quick and simple to use. ね?こんなに簡単に使えるんですよ。

And did you know that to keep a conversation going, it’s better to ask short questions? Why’s that? Because we can show interest without breaking the flow of the conversation. You see? What sort of questions? Well, if we want to hear some examples, we would ask Such as? And if we needed a reason for something, we would say How come?
This is the sort of practical English I teach at Lexis Japan.
あと、会話を続けるために「短い質問」をしたほうがいいって知っていましたか?なぜかって?なぜなら、会話の腰を折らずに話してに興味をあることを示せるからなんですよ。わかりますか?どんな“短い質問”だと思いますか?それはですね、もし会話の流れの中で「え?例えば?」って聞きたければ”Such as?”というだけでいいんです。そしてもし「え?なんで?」と理由が聞きたければ”How come?”と言えばいいんですよ。ネイティブスピーカーはこのHow come?をWhy?より日常的には使います。
このような実用的な英語もレッスンの中で教えていますよ!

However, some of our students are more interested in Business English. But they are unaware of the idioms or the set phrases used in this context. Perhaps they are using a less appropriate form of English! In a casual setting, between friends, we might say:
しかしながら、生徒さんの中にはビジネス英語を話せるようになりたいな!と思っている人もいます。ただ、その生徒さんたちはビジネス英語におけるイディオムやフレーズを意識していないんですよね。おそらく彼らはフォーマルな英語をそれほど使っていないのです。例えば、友達との間などのカジュアルな場面では、

“Oh, how’s it going? Haven’t seen you for ages!”
「おお!元気?久しぶり!」と言いますが、

But in Business English, between a client and a business person, the register is more formal:
クライアントとの会話やビジネスの場面では、

“Hello Ms. Stevens, it’s a pleasure to do business with you again.”
「こんにちは、スティーブンさん。また一緒の仕事を共にする機会をいただけて光栄です」と言いますね。

Using the correct kind of English could mean the difference between a successful or an unsuccessful meeting. At Lexis Japan, I can also offer courses in practical Business English. I look forward to teaching you English at Lexis Japan!
その場面に応じた英語、すなわちビジネス英語や丁寧な言い回しができるかどうかによって会議などの大事な場面では大きな差となります。実用ビジネス英語をレクシスジャパンで教えているので是非
レッスンにきてくださいね!

マイケル先生の初めてのBlogでした!
Lexis Japanでは、一般英語コースをはじめ、ビジネス英語、海外出発前準備コース、IELTS試験対策、ケンブリッジ英語検定試験対策(PET対策、FCE対策、CAE対策)、オーダーメイドのプライベートレッスン(弱点強化レッスンや、面接対策など)を開講しております。
詳細はお気軽にinfo@lexisjapan.comまでお問合せください。

This entry was posted in English, 日本語 and tagged , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s