Tag Archives: クレア、

”2009年から英語で英語の授業”、一歩先を行く英語教師、松崎賢士先生へのインタビュー

松崎賢士先生は、教職14年目で、現在大阪府の私立高校で勤務されています。 「2009年から英語で英語の授業」を実施、2020年に「CLET-S資格」を取得、いち早く英語教授法の改革に取り組み、世界の教授法に目を向けている、先生に、現状の取組、今後の目標などをインタビューしました。 早速ですが、先生のプロフィールを教えてください。 英語教師になろうと思ったきっかけはありますか? 現在の英語力に至るまでの勉強方法と取得された英語試験を教えてください。 先生は、いつから英語の授業を英語で行っていますか? また、現在の英語力で、英語で英語の授業をすることに問題を感じますか? 英語を英語で教える利点は、何だとお考えですか?日本語で教えたほうが良いと思える部分はありますか?     英語の授業を英語で行うにあたって、先生が受けてこられた英語教育とは大きく異なる方法で指導や評価を行うことが求められていると思いますが、どのような対策をされましたか?   現在に至るまでに、研修等を受けられたと思いますが、受講された教員研修は、国が示す「学校における指導と評価の改善」に役立ちましたか? 現在の教育方針で、授業を行うにあたり、普段から心がけている事はありますか? 今後、達成したい目標がありましたら教えてください。 また、受講したい研修はありますか?  ※ レクシスジャパン株式会社(所在地:神戸市中央区西町36三菱UFJ信託銀行神戸ビル9階)は、「CELTA」の他、ケンブリッジ大学英語検定機構の認定を受け、英語教授認定資格コース「CELT-S」、「CELT-P」、「Short Courses」など、小学から中高の英語教師を対象としたコースを開講しています。 また、日本全国のALT(外国語指導助手)と日本人英語教師対象の研修を、実施しています。JETプログラムで知られる、一般財団法人自治体国際化協会が主催し、レクシスジャパンが実施する研修は、ALTの育成だけでなく、日本人英語教師とのグループワークを通じて、チームティーチングの実践と相互の理解を深めるプログラムです。 教育委員会、近畿付属高等学校など学校単位での研修も数多く行っています。機関ごとに、問題点、改善点、目標など異なります。どのような研修が適切であるかご提案致します。お気軽に、ご相談ください。 お問い合わせは、こちらまで。 TEL: 078-331-0944  Email: info@lexisjapan.com

Posted in English | Tagged , , , , , , , | Leave a comment